目立つほくろは悩みのタネ|クリニックでスッキリほくろ除去

施術法とメリットと料金

カウンセリング

ほくろ除去の美容整形には切除法、レーザー治療法、電気メス、凍結療法などがあります。それぞれ施術内容は異なりますし、料金も健康保険の適用も異なります。そのため、医師と相談した上で、自分に合ったものを選ぶようにすると良いでしょう。

More Detail

ほくろが目立ちませんか

目元を触る婦人

ほくろが多い人は、良い意味のほくろは残して、悪い意味のほくろ除去すると良いでしょう。通常は、レーザーでほくろを焼いてしまいますが、盛り上がっている大きなほくろは少しくりぬく必要があり、炭酸ガスレーザーで除去することが多いです。

More Detail

取り除くことが可能

笑顔のウーマン

良性か悪性かの診断をする

ほくろには元々持って生まれたものもあれば、生まれてから出来るものもあります。また、良性と悪性があります。悪性のほくろとは皮膚がんの一種である悪性黒色腫になります。メラニン色素を含んでいる細胞メラノサイトが悪性化して腫瘍になったメラノーマで発症すると進行が速いことが特徴です。ほくろの状態を見て、急に色が濃くなっている、大きくなっている、形がギザギザ、周辺との境界線がはっきりせずぼんやりしている、色ににじみがあるなどの特徴が見られれば皮膚科に行って検査をしてもらう必要があります。皮膚科では病理検査で組織の一部を取りほくろの質を調べて診断することになります。良性のほくろに関してはほとんど放っておいても問題がありません。しかし、ほくろの大きさ、色、位置などによっては非常に目立ってしまうものや顔の印象を変えてしまうものがあるため、気になる人はほくろ除去の整形を受ける人もいます。最近では整形しなくても自分でほくろ除去ができる市販のクリームがありますが、安全性が確かめられていないものもあり自己判断だけで使用することは望ましくありません。また、ほくろ除去の中にはレーザーで除去する場合がありますが、悪性の場合はレーザーを使用してはいけないため注意が必要なのです。そのため、ほくろが良性か悪性かを調べる前にほくろ除去の整形を行うことは大変危険なのです。ほくろ除去の整形を考えている人は、まず専門医にほくろを検査してもらい正確な診断をしてもらうことが必要です。

人気の高いレーザー療法

ほくろ除去は基本的に皮膚科や形成外科や美容外科で実施されています。ほくろ除去の整形の施術方法にはいくつか種類があります。まず、ほくろ自体を切り抜くくり抜き法です。しっかりと組織を取ってしまうために再発の恐れがほとんどありません。次にレーザー治療法です。レーザー照射することによって焼き切ってしまいます。ほくろ除去の整形の中で最も人気が高い治療方法です。安全性が高く、皮膚に与える刺激が少なく、ほくろ除去の跡もきれいであることがメリットです。レーザー治療には主に炭酸ガスレーザーとQスイッチヤグレーザーがあります。炭酸ガスレーザーはほくろの色素細胞を熱で破壊して除去します。Qスイッチヤグレーザーはメラニン色素のみに作用するレーザーでメラニン色素を破壊することによって除去します。ほくろの大きさによってはレーザー照射を数回行う必要もありますし、完全に除去することが難しいこともあります。次に電気メスで切り取る方法があります。ほくろを焼いてしまう凍結療法もあります。どの方法を選択するかはキズや色素にもよります。費用についてはクリニックや病院によって設定が異なりますし、ほくろの大きさや位置によって異なってきます。一律のところもあれば、ほくろ一つ当たりの単価やレーザー照射一回あたりの金額を設定しているところもあります。これ以外にも施術後のケアの費用もかかってきます。基本的に皮膚科や形成外科では健康保険が適用されますが、美容外科では健康保険が適用されないために自由診療になります。そのため大きく費用は異なってきますので確認することが無難です。

透明感のある美しい肌

微笑むウーマン

ほくろ除去をする際は、病気との関係がないかどうか一度確認して必要であれば皮膚科を受診してから美容外科や整形外科などで除去してもらうと良いと言えます。治療の種類は色々あるため、その症状に合わせた治療法を選ぶことが大切です。

More Detail