目立つほくろは悩みのタネ|クリニックでスッキリほくろ除去

ほくろが目立ちませんか

目元を触る婦人

どれを取るか

ほくろがたくさんある人もいれば、あまりない人もいます。数の多さに関しては完全に個人差がありますが、あまりにもたくさんある場合は、どのほくろを除去するかを考えてください。ほくろの中には、良いほくろもあります。女性の魅力を引き立てる、泣きぼくろなどがいい例でしょう。泣きぼくろが好きという男性は少なくないため、こういった良いほくろを無意味に取ってしまうのはもったいないです。また、気に喰わないからといって全部のほくろ除去すると、かなり高額な費用が必要となることもあります。大きくて盛り上がったほくろは少々費用が高額になるので、除去すべきかどうかは吟味しましょう。よく良いほくろは真っ黒い色をしており、悪いほくろは色が薄いと言います。色で判断するのもいいのですが、場所や目立つかどうかを軸に考えてみても良いでしょう。悪い意味のほくろを取るだけでも、気分的にかなり楽になります。ほくろが多くて目立っていた見た目を改善できた上に、良い意味のほくろだけなので前向きな気持ちにもなれるかもしれません。小さなほくろだけならそれほど高額な金額とはならなくて済むでしょうから、医療機関を受診してみてください。皮膚科などでほくろ除去できます。美容クリニックなら無料カウンセリングを行っているので、無料で相談できます。ほくろ除去を考えていることを伝えて、どのような治療を行うか、どこのほくろを取るかなどを相談できます。これが、無料でできるので気軽に相談できます。一人では、どのほくろを除去するかを決められないときに無料カウンセリングで相談すれば、決断しやすくなるはずです。周りの意見も参考にして決めてください。

痛みのない方法

ほくろを除去の方法は、いくつか存在します。例えば、大きくて盛り上がったほくろを切除してしまう治療法があります。メスを入れるので、麻酔を使います。麻酔が切れた後は痛みが残ることもありますが、痛み止めを処方されるので心配ありません。ほくろがどこにあったのかわからないようにきれいに仕上げてもらえますし、数日ほど時間が経てばまったく痛みを感じなくなるでしょう。ただし、切除よりも手軽な方法が登場し、こちらの方法を利用する方が多くなりました。小さなほくろ除去ならレーザーで焼いてしまいます。これは、とても短い時間で済む治療法です。ほくろの大きさによって費用が変わります。皮膚への負担も小さくて済みますし、とても仕上がりがきれいです。やはり、どこにほくろがあったのかがまったくわからなくなります。大きなほくろは、普通のレーザーで焼くことは難しいです。盛り上がっている大きなほくろなら、炭酸ガスレーザーを使うことが多くなりました。これなら、盛り上がっているほくろもきれいに除去できます。このようなほくろは、盛り上がっているだけではなく、皮膚を少しくりぬかないといけませんが、その施術も痛みがほとんどない状態でできます。どの方法も治療直後は多少跡が残りますが、しばらくするとまったく跡がわからなくなるので安心してください。跡がなかなか消えないなら、もう一度医療機関へ行って相談してください。皮膚をきれいな状態に戻す治療をしてもらえるはずです。痛みがない治療ばかりなので、気軽に治療できるでしょう。